家賃収入ができる賃貸併用住宅|次の入居者のためにメンテナンス

中古物件に住むなら

住宅

耐震面に気をつける

岡山市は百貨店やスーパーなど買物に便利な施設が多いだけでなく、公園も多いため子育てを行っている家族にとってはとても暮らしやすい街です。その岡山市では中古一戸建てが多くあるため、マイホームに新築ではなく中古一戸建てを選択する方が多いのですが、購入する上で注意したい部分があります。物件の中には建物が建てられてから40年以上経過している物件も少なくはありません。そうした築年数が40年を超えている物件の中には現在の新耐震基準を満たしていない物件もあります。2011年の東日本大震災から地震に対しての備えが重要となり、現在の住宅は大きな地震が起きても倒壊しない造りとなっています。新耐震基準を満たしていない物件は大きな地震が発生した場合倒壊してしまう危険性がありますので、岡山市で中古一戸建てを購入する時は新耐震基準を満たしているかどうかに注目して物件選びをするようにしましょう。

内装設備を変更出来る

岡山市で中古一戸建てが人気なのは物件数の多さの他にもあります。中古一戸建てはリノベーションが行えるので、内装に古さを感じる物件でも今風な室内に変更することが出来ます。壁紙だけでなく、床の材質も自由に選べますし、窓や照明も好みの物に変更出来ます。そして、そうした内装に限らず設備も入れ替えることが出来ます。生ゴミをシンクで処理出来るディスポーザーや食洗機が備え付けられたシステムキッチンや床暖房、浴室乾燥機など生活を便利にする最新の設備を導入することが出来るので、新築の生活と変わらない快適な毎日を過ごすことが出来ます。また、間取りを変えることも可能なので、家族人数や生活に合わせて部屋数を変えられます。中古一戸建てにはこうしたリノベーションを行えるということも岡山市で中古一戸建てを購入する方が多い理由です。