家賃収入ができる賃貸併用住宅|次の入居者のためにメンテナンス

住宅

中古物件に住むなら

岡山市で中古一戸建ての人気が高いのはリノベーションにより自由に内装、設備、間取りを変更出来るからです。中古でも新築同等の住まいを手に入れられるので、便利で快適な日々を送れます。ですが、築年数が40年を超える物件は耐震性に不安がある場合があるので、購入する時は耐震面についてよく確認しましょう。

積み木

衣食住が充実した街

福岡市は海や山の幸といった新鮮な食材が手に入り、しかも都会的な施設も多いという事もあり、人口が増え続けている街です。福岡市で注文住宅を作りたいという場合は、自然エネルギーを取り入れた省エネ住宅を検討してみてはいかがでしょう。

家賃の収入を得るという事

住宅模型

メリットだけではない

新しく家を建てたり、新築の物件を購入しようとする時や中古の物件を購入しようとする時の選択肢の一つに賃貸併用住宅というものがあります。賃貸併用住宅とは、その言葉の通り生活をする住宅に他の方に貸すための部屋が併用であるというものです。賃貸併用住宅は自分が生活する面積て賃貸の部分があっても銀行から住宅ローンで融資を受けることが可能になります。また、ローンの返済を行いますが入居者から家賃の支払いがあるためローンの返済の負担が減ります。賃貸併用住宅はとてもお得なイメージがありますが、これは賃貸の物件に入居者が入居する事で成り立ちます。一度入居した方が長く入居するとは限りません。空室になる場合は家賃の収入が無くなるということを知ってから賃貸併用住宅にするのかを決める必要があります。

ビジネスの一つ

賃貸併用住宅は、自分が生活する住宅の他に、部屋を作りその部分を他の方に貸し家賃の収入を得るというものです。自分の家にアパートが付いているようなイメージです。自分の住宅の面積が51パーセント以上あると住宅ローンで融資を受けることが可能になります。ただのアパートローンなどで融資を受けるより金利が低く返済しやすいというメリットがあります。入居者が入ると家賃収入を得ることができますが空室になることもあります。また、入居者が出て行く時には次の入居者のためにメンテナンスが必要になります。新築で建てる場合に、自分が暮らす場所の事ばかり考えて賃貸部分の設備のランクを落としてしまうと、なかなか入居者が入らないということもあります。賃貸併用住宅を建てるという事は、不動産のビジネスを行うという認識を持つことが大切です。

室内

誰もが抱くマイホームの夢

一戸建てはプライバシーや生活音での問題の起こりにくさ、所有することの充足感やリフォームなどの高い自由度、が特徴です。子育てファミリー層には、子育てや収納スペースが十分とれたり庭があることによるメリットから、鎌倉で人気です。またシニア層からは、暮らしやすいバリアフリーにできることから注目されています。